アルバイトの面接に持参する履歴書はネットからダウンロードしたので良い?

雑学

高校生にもなると

アルバイトをして

お小遣いを貯める人も多いのでは?

 

でも、

初めてアルバイトをしようとしたとき、

履歴書ってどうしたら良いの?

と悩んでしまう人もいるのでは?

 

そこで履歴書の書き方や

自己PRの例文などを紹介します。

 

履歴書の書き方に

悩んでいる人は

参考にしてみてくださいね!

 

アルバイト先に提出する履歴書に書く学歴欄はいつから?正しい書き方

アルバイトに提出する履歴書には

「氏名」「住所」

などの他に、

「学歴」「職歴」「趣味・特技」

などがあります。

 

この中でも書くのに

悩んでしまう項目が「学歴」。

 

「いつからいつまでのこと?」

「どのくらい詳しく書くの?」

と悩む人のため、

正しい書き方を紹介しますね。

 

【学歴の書き方】

・1行目中央に「学歴」と書く

・学歴を書く場合は

「高校生は小学校卒業」

「大学(短大、専門も含む)生は中学校卒業」

から書く

・学校名や学部学科名などは正式名称で書く

・◯◯高校は「◯◯高等学校」と書く

・「入」「卒」と略さず「入学」「卒業」と書く

・西暦と元号、どちらかに統一する

 

アルバイト履歴の自己PRに書くことなければこれ書いとこう!

アルバイトの履歴書で

大きなスペースがとられているのが

志望動機・自己PR

でしょう。

 

書くことがあれば良いのですが、

「適当に見つけたから…」

「部活にも入ってないし…」

と、

書くことに自信がない場合は、

応募した職種を踏まえた上で、

以下の例文を参考にしてみてください。

 

①接客系全般

人と接することが好きなので、

初対面の人ともすぐに打ち解けて

会話することができるのが私の強みです。

 

なのでお客様との会話のなかから、

どのようなサービスを望んでいるのか、

先回りして考えて提供できる

スタッフになりたいと考えています。

 

②飲食店(キッチン)

料理が好きで、

小さい頃から母親が料理をするのを

いつも手伝っていました。

学生になった今でも、

休日には家族や友人に食事を

作ってあげることがよくあり、

料理の味はもちろん、

盛り付けも大切だと感じています。

 

そして、

食べてくれた人に

「美味しい」

と言ってもらえたり、

「ありがとう」

と感謝されたりすると、

とても嬉しいのです。

なのでお客様にも、

料理を通して真心を伝えられるような

スタッフになりたいと思っています。

 

③イベント

イベントスタッフのバイトでは

チームワークが大切になってくると思うので、

今まで培ってきた協調性や責任感を

生かせるのではないかと思っています。

仲間と協力して成し遂げる達成感は、

何度味わっても楽しいものなので、

やりがいをもって働くことができると思います。

 

また、

人見知りをしない性格なので、

一緒に働くメンバーが変わっても

すぐに打ち解けることができるのが

強みだと思っています。

 

④軽作業

昔から体力には自信があり、

立ち仕事も苦になりません。

また、

手先が割りと器用で

コツコツ地道な作業が好きなので、

そういったところを生かせると思っています。

丁寧で確実な作業を心がけたいと思っています。

 

 

履歴書はネットからダウンロードも可能!でも注意も必要

履歴書はコンビニでも購入できますが、

インターネットから

ダウンロードすることも可能です。

買いに行く時間がない、

売り切れだった、

という場合には

ダウンロードした履歴書を使ってもOK。

 

また、

ダウンロードの場合は

内容を入力してしまうのも

手間がかからないのでおすすめ。

 

ただ、

手書きの履歴書は

字体によってその人物像を

判断する面接官も多いので、

なるべくなら手書きの方が◎

 

それと市販の履歴書より

書く項目が少ないと、

「書きたくないから意図的に削った」

と思われてしまうことも。

 

そのため、

できるだけ市販の履歴書を使うか、

ダウンロードするなら市販のものと

書く項目は揃えるようにしましょう。

 

 

まとめ

アルバイトに応募する際、

多くの場合必要となるのが履歴書。

でも初めて書く場合は

書き方に迷ってしまうことも多いでしょう。

履歴書のパッケージには

書き方の見本があることも多いですし、

きちんと埋めれば問題ありません。

ダウンロードした履歴書を使う場合は、

市販のものと項目を揃えるようにしてくださいね。

コメント